太陽光発電の次は蓄電へ

東日本大震災以来、私たちの生活に切り離せないキーワード「節電」。この節電のために太陽光発電が注目されています。太陽光発電が一般家庭の家の屋根にあるなんて、少し前までなら想像もつかなかったことかもしれません。太陽光発電の魅力は、停電しても問題ないこと、余った電気は売ることができ、光熱費削減等のメリットがあります。
オール電化もあわせて導入、という家庭も多いと聞きます。やはり火と比較すると抜群に安全を実感できるのでしょう。オール電化も魅力的なんですが、まずは太陽光発電がないと節電もいざというときの準備もできないかなと思い太陽光発電について調べました。料金もそうですが、業者さんはアフターフォローとメンテナンスを重視したいと思いました。だってお付き合いは一度きりではないですものね。
我が家の屋根に名前がありました、寄棟というものだそうです。業者さんに言われて初めて知りました、屋根の形状によって呼び方が色々あるんですね。屋根のチェックも終わり、見積りをもらいました。4社分を目の前にしてひとこと。こんなに違う!?1社だけ結構な差があったので驚きでした。見積書を見ながら主人と話し合いをしましたが、ここまで主人が乗っているのも珍しかったです。よっぽど興味あるんだろうなーという感じでした。
念のためその会社の雰囲気も知りたい・・と思ったので、ネットで調べたりしました。良いこと、少しだけ悪いこと、いろいろありますが調べておいてよかったですね。そして結局はサービスのような気がしました。見積書も様々なんですもの。価格も重要ですが、対応の善し悪しはもっと気になります。
あとは施工をお願いするだけ!というところまできました。勉強、業者探し、見積書と雨漏り の格闘がやっと終わります。

そんなこんなでありがとうございました!嬉しいです!太陽光発電作成が終了です。導入して正解でしたよ、絶対に。犬すら喜んでいるような気がします。

うちの蓄電池、大成功

リフォームのタイミングなのでしょうか、ある知人に耐用年数があるから目安を考えてやってみたら?と助言をもらいました。
情報収集を始めましたが、目移りするばかり。どれも良い!ということは果てしなく進まない雰囲気。3ヶ月も情報収集に時間をかけたのです。多くの業者を見つけましたが、ひとまず何かが良いと思える業者をピックアップし、とにかく問合せ。こちらがあまりにも無知なので、日々勉強という感じです。結果、業者選びがとても重要なこと、アフターフォローを軽く考えないこと、多くを見聞きし、一社に決めることがきました。良いリフォームができた、と思いたいですね。
施工してもらった担当さんに聞いたんですが、都市部では法律の問題で、建替えると今より狭い家しか建てられない場合があるという問題があるらしく、今後の参考に!と頭に入れておきました。
うちのリフォームのほうは上手く完了したようです。簡単な工事ではなかったようですが、そこはプロの仕事で計画通りにことを進めて下さって、業者さんは凄いなあって思います。震災のこともあるので、まだまだ今後何かしらを施さないといけない危機感があります。やはり危機管理(大げさ?)として何事にも準備というか、最悪を想定というか、構えておかないと、と心底思います。
ちょっと気になることが。防犯対策として、窓ガラスも変えようかななんて。防犯ガラスは特殊なフィルムをガラスに挟んでいて、更に紫外線をカットするような優れたものもあるんだとか。こんな時代だし、防犯も考えないと。リフォームするからには長持ちさせたいというのが当然の希望です。木部の塗装って重要らしく、日光で痛みやすくなるので業者と慎重に相談する必要がありそうですね。
リフォームを頼むときって、大手業者も地元密着業者も比べる必要がありそうです。大手だから安心と思いがちですが、リフォームって経験や知識がないと失敗が多いんだとか。これは良いことを知りました。様々な箇所のリフォームを見ていて思ったのですが、屋根のリフォームって瓦だけを貼替えるわけではないのですね。雨水は侵入しないための金属板や屋根のてっぺんには棟笠木などが付いています。実はきちんと見ないといけないところが多いようです。見積り依頼を頼んだ後の提出の早さも見るべきですね。細かいようですが、仕事の早い業者はリフォーム完了後、何かあったときにすぐに駆け付けてくれるような会社かもしれません。そのような会社を選びたいと思いませんか?

我が家はやっていませんが、和室から洋室へのリフォームは大変なようです。和室ならではの壁や天井、ふすまを作っているのが普通です。これを洋室仕様にするには大掛かりなリフォームが必要になるそうで。確かに言われてみればそうですよね、フローリングにするだけでは完全な洋室になりませんよね。

大きな決断、蓄電池

太陽光発電の需要は急増しているのはご存知でしょうか。テレビコマーシャルやチラシ等、最近ではどこでも目にするフレーズです。無料見積を依頼できるポータルサイトのようなものも増え、手軽に太陽光発電の情報を集められるようになりました。太陽光発電の魅力は、光熱費削減、停電時に安心、地球にやさしい、屋根の持ちを良くする、余った電気を売る等が挙げられます。
オール電化も同時に導入する方も多いようで、それはメリットを更に活かすことができるかたなんだそう。すぐに導入したいというのは山々ですが、費用もかかるものですのできっちり調べようと思いました。だけどお手上げ!自分で調べるには限界を感じ、業者へひとまず見積り依頼をすることにしました。価格に関しては重要です。でも更に重要なのはフォローとメンテナンスだなと思いまして、そこに重点を置こうと話し合いました。
見積を出してもらうのに、業者に屋根をチェックしてもらいました。寄棟と呼ぶ屋根だそうで、工事するのも問題ないということでした。2社にお願いした見積り依頼。屋根を見た後にいただきました。驚きですが、結構違う価格だったので少し話を聞かないとって感じです。見積りを並べてここからは家族との話合い。不安は業者に確かめないと解消しませんが、まずは絞ろうということで家族会議です。
息子が、太陽光発電のパネルが屋根になったら雨漏り するんじゃないの?なんて言い出すので、家族全員で大爆笑したりしていましたけどね。子供の発想には驚かされますね。屋根を取って、パネルが屋根になるから雨漏りするんじゃないかって思ったようです。子供って可愛いなと思いました。
見積りをもらった会社のホームページも見まして、太陽光発電早く入れたくなってウズウズしました。。そしてやっぱり人柄とかサービスとかが大切だな、としみじみ。詳細な見積りや簡潔な見積り、価格は大事ですがやっぱり対応を見ちゃいます。忙しい忙しい業者探しももう終わります。そこまでやるか!?と思われるかもしれませんが、絶対やった方がいいです!!
導入完了!もしいまお悩みの方がいらしたら、導入することをオススメします。予想以上に良いです。日本中やっちゃえばいいのに!という感じ。ありがとうございました、中川さん(業者のオジチャンです)!

copyright c 2012?All Rights Reseved.