キーワード関連度、ページ重要度

検索エンジンが検索結果を決める要因として、「キーワード関連度」と「ページ重要度」の2つがあると述べましたが、具体的にこれらは一体どういうことなのかを考えてみましょう。SEO 対策 無料

■キーワード関連度
キーワード関連度の例
まず、「キーワード関連度」の例として下記文章をご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
A・リフォームのことなら●●工務店に是非お任せください。

B・キッチンリフォームなら●●工務店に是非お任せください。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

A、Bの文章を見比べて、どちらが「キッチンリフォーム」に関連度が高いかといえば、Bですね。では次の文章ではいかがでしょうか。SEO 対策 無料

――――――――――――――――――――――――――――――――――
A・リフォームのことなら●●工務店に是非お任せください。
年中無休、お見積り無料で対応。好みやこだわりに合った空間を演出します。

B・キッチンリフォームの事なら●●工務店に是非お任せください。
キッチンリフォームは年中無休、お見積り無料で対応。好みやこだわりに合った
空間をキッチンリフォームで演出します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
SEO 成功報酬どちらにも「キッチンリフォーム」というキーワードが入っています。しかしBには3つも入っており、一見、関連度が高いように思いますが、実際Bの文章は、人が読んだときに「キッチンリフォーム」という言葉が多すぎて不自然に感じませんか?
SEO対策のためと故意にキーワードを沢山入れると、検索エンジンの解釈はスパムとなる場合があり検索結果からはじかれてしまいます。そのため、人が読んだときに不自然にならない程度にキーワードが入っているようにすることが大切です。

キーワード関連度はリンク元のページからも影響される。儲かる情報 裏情報
キーワード関連度は、そのページの中のキーワードのみならず、そのページに対して張られているリンクの文字列にその「キーワード」が含まれていると、そのページのリンク関連度が高くなります。格安 SEO 対策後述するSEOの外部対策のところでもお話しますが、リンクの際、タグの中にその「キーワード」を入れることによって、リンクされたサイトがその「キーワード」についての情報を記載している、と検索エンジンが理解するため、リンクの関連度が上がるということなのです。
面白い話があるのですが、少し前までYahoo!で『出口』と検索してみると、上位に表示されるのは Yahoo!とGoogleでした。どうしてこういうことが起こるのかと言いますと、18歳未満閲覧禁止のサイトには、必ず年齢確認があります。年齢認証で閲覧禁止側(18歳以下を退出させるリンク)は「出口」というキーワードで、そのリンク先がYahoo!やGoogleになっている事が多いためです。いま現在、『出口』と検索しても上位にYahoo!JAPAN、Googleの表示はありませんが、『18歳未満 出口』と検索すると下図のような結果が確認できます。SEO 見積もり
以上のことから、リンクを貼るときもサイトのキーワードと関連付けることが必要だとご理解いただけると思います。

■ページ重要度
そのページが世の中でどれだけ重要かを示すページ重要度
「ページ重要度」は、そのページが利用者にどのくらい大切なものかを評価したものとなります。この評価基準には、そのページに貼られているリンクの量と質によって決定されています。より多くのページから特定の「キーワード」のリンクを貼られていれば、そのページはその「キーワード」について有益な情報を提供しているサイトと判断されるということが、ページの重要度を評価する基本的な考え方になっています。
しかしながら、リンクが多ければ良いというものでもありません。ページ重要度の低いページからリンクを受けても評価がされないということです。グーグル SEO対策 集客いかに「ページ重要度」の高いホームページからリンクを受けるかが大切であり、つまり重要度の高いホームページから受けたリンクは評価が高くなります。

では、既に「ページ重要度」の高いホームページとは、具体的にどのようなものでしょうか。その評価の目安となるものがGoogleによって提供されているページランクという数字です。0から11までの11段階で数字が大きいほどページの重要度は高いことを示します。SEO 上位表示ページランクは、お使いのウェブブラウザにGoogleツールバーをインストールすると確認することができます。下図のYahoo!はページランク8だということがわかります。SEO キーワード

Google ツールバー:http://www.google.com/intl/ja/toolbar/ie/index.html

つまり、検索エンジンに好かれるページとは、「キーワード関連度」と「ページ重要度」において質が高く、検索結果に拾われやすいページを指しているのです。




(C) 2012 C-Flut