■不安障害の症状
不安障害の主症状は不安です。不安とは漠然とした恐れの感情で、誰でも経験するものですが、はっきりした理由がないのに、あるいは理由があってもそれと不釣り合いに強く、または繰り返し起きたり、いつまでも続いたりするのが病的な不安です。不安のあらわれ方にはいろいろな形があり、それによって不安障害の下位分類がなされています(ただし原因の明らかなものは原因によって分類)。以下に、パニック障害での症状を解説します。

■パニック障害の症状
パニック障害の症状をまとめますと、パニック発作 、予期不安 、広場恐怖が3大症状ということができます。中でもパニック発作、それも予期しないパニック発作がパニック障害の必須症状であり、予期不安、広場恐怖はそれに伴って二次的に生じた不安症状といえます。そして症状のみならず広場恐怖によるQOLの低下が、この障害のもうひとつの特徴でした。

■気長に病気とつきあっていくことが大切です
治療によって急性期の激しい症状が治まると、その後は回復期となり、徐々に長期安定にいたるというのが一般的な経過です。
なかにはまったく症状が出なくなる人もいますが、症状がなくなったからといって自分だけの判断で中途半端な時期に薬をやめてしまうと、しばらくして再発してしまうことも多いので注意が必要です。
主治医と相談することが大切です。統合失調症も糖尿病や高血圧などの生活習慣病と同じで、症状が出ないように必要な薬を続けながら、気長に病気を管理していくことが大切です。
フコイダン

■神戸の心療内科なら
統合失調症の症状でよく知られているのが、「幻覚」と「妄想」です。
幻覚とは実際にはないものをあるように感じる知覚の異常で、中でも自分の悪口やうわさなどが聞こえてくる幻聴は、しばしば見られる心療内科 神戸です。
妄想とは明らかに誤った内容を信じてしまい、周りが訂正しようとしても受け入れられない考えのことで、いやがらせをされているといった被害妄想、テレビやネット肌のケアに失敗しないサプリメントの正しい選び方を教えます。が自分に関する情報を流していると思い込んだりする関係妄想などがあります。
こうした幻覚や妄想は、本人にはまるで現実であるように感じられるので、病気が原因にあるとはなかなか気づくことができません。

■親鸞会とは
米国の蓮如上人研究の第一人者、ロジャース教授(ワシントン&リー大学)は「親鸞会は蓮如上人の遺産だと思います」と評しているのだそう。
浄土真宗中興の祖といわれ、蓮如上人が法主になられるや、本堂が四間四方(約30畳)だった本願寺が日本最大の仏教の宗派(後に二千万門徒、二万ヶ寺といわれるほど)となったんだそう。 蓮如上人はひたすら親鸞聖人の教えを伝えられ、この精神に忠実なのが親鸞会。

いろいろな噂話もあるようですが多くの人が指摘しているように、親鸞会に反社会性はなく、カルトとも言えない。そして至って真面目で酒もタバコもしない方たちのようです。
真面目な方が多い分、今の時代では特に珍しいストイックさが目立ってしまうと誤解されやすいようで。メディアもそれを取り上げることもしばしばあるようです。
やはりメディアからの見方、親鸞会会員からの見方、一般人からの客観的な見方はそれぞれであり、なんとも表現しにくいこともあるはず。
私はあまりこういった類のものには詳しくないですが、「死んだらどうなるのか」と考えたことはあります。時折頭をかすめるような、小さい頃から誰もが必ず思うようなことだと思いますが、何が残るとか、何も残らないとか漠然とした疑問はありますよね・・・。
その疑問はもしかしたら教えを聞いてみたら、解決とまではいかなくとも、なにか不安が消えるような気持ちになるのではないかと思います。
そう考えると、何かの教えを信じることや伝えることは少なからず必要なことなのかもしれません。不安が消えるような何かが必要な人にとっては。
一度きりの人生、色々な方の教えや知識や考えを聞いてみるのもいいかもしれません。
これは間違っているかも、これは私には合わないかも、と思うこともあるかもしれませんが、ひとそれぞれです。100人いれば、100通りの考え方、捉え方があるはずです。 考えること信じることは自由です。ただ多くを吸収した者勝ち?とも思います。


c