男性だって美肌の時代





よもや三十路になってニキビに頭を痛くさせられるとは思っていませんでした。
年明けから一段と仕事で慌ててばかりでしたけど、肌ダメージの実感はなく、全然気が付かなかったんです。
むしろ、私っていわゆる成長期から、肌が強いのかニキビで苦労して悩んだことは一度もなかったかもしれないです。
前髪のせいでニキビが勢いを増しちゃう。
。 と言う、ニキビを心配する周囲の友達の口癖におそらくよそごとで気遣っていた記憶が・・・。
それがこの年になって、右の頬に頑固なニキビ出現。
この年だとニキビという表現は違うかな?と言いつつもニキビって言い張りますけどね。
今まで生きてきて吹き出物に悩む事がなかったですから、初めてお会いしますという感じですから、どう対処したらいいかがやるべきことが分からず。
アクネ系の肌ケア用品も持っていないし、治療法も知らない。
触れないようにって思っているのに、なんてったって気になってチェックするし。
言うまでもなく、週5以上は化粧をするので、洗顔後の基礎化粧をしたとしてもファンデーションなんか特にお肌には悪いことをしているだと感じつつも、お化粧しないわけには、今振り返ると肌を痛めつけていたのかもしれません。
だとしても毎日化粧をするのはそうするしかないですし!なので、友だちに聞いて回った結果、肌をきれいにすることとと、きちんとニキビケアをすること。
ただ・・・相当時間がかかったんです。
ざっと治ってきたかなと思ったのは、にっくきニキビが出現してから約2ヶ月。
毎日必ずお風呂に入ってベッドに入る前にはアクネ系のお薬を使いました。
下手すりゃ接客の無いときは、デスクでローションをつけていました。
詳しい友だちから、「気にしたいのはニキビ跡なんだよ!」とこれでもかと言われていたので、ひたすら思うはニキビ跡ができないでほしいということ!そんな願いもむなしくニキビ誕生から約5ヶ月、実を言うとニキビ跡という悲しいことになりました。

今この瞬間もニキビがあったところが、目立つように茶色いのです。
「結構時間がかかるもので、徐々に消えるときっと」と言う微かな期待を聞いて、それ以後もひたすらアクネのクリームは使っていたのにも関わらず、5ヶ月ですから。
わずかな期待を「この物体はニキビがなくなる途中」なんかじゃなく、完璧なニキビ跡なんだと確信せざるを得ないわけです。
このポツンとあるニキビ跡と生涯付き合っていくのか、と考えては、ニキビを発見したときのケアできなかった自分を嘆いてしまいます。
知識のない自分自身がバカに思えます。
美容クリニックに行くとか、いまさら思ってますが、最小限のコストで昔の肌に戻れないかと毎日常に考えてます。
戻るにはどうしたらいいか・・・教えてくださいませんか!

copyright © 2012 All Rights Reseved.